メムリ(MEMRI) - 中東報道研究機関 緊急報告シリーズ
中東報道研究機関




前のページ
前のページ
プリンターフレンドリー
プリンターフレンドリー

フォーマットで購読


THE MIDDLE EAST MEDIA RESEARCH INSTITUTE

緊急報告シリーズ


 
Special Dispatch Series No 1358 Nov/20/2006

イスラム主義ウエブサイト・モニターNo.21
「カリフ制の声」が、イラク・イスラム国に関するビデオを掲載する

2006年11月日、グローバル・イスラミック・メディア・フロント(GIMF)※1 は同組織のオンライン・テレビ局サウト・アル・カリーファ(カリフ制の声)で、13分間のビデオを掲載した。同局は以前幾つかのプログラムを掲載したが、この1年間は活動していなかった。このビデオ

http://switch3.castup.net/cunet/gm.asp?ai=214&ar=M4-020-wmv&ak=null

はイラク・イスラム国樹立を取り上げている。ニュース放送のフォーマットで掲載され、英語のサブタイトルも付いている。

(ビデオでは)覆面のアナウンサーが、「イラク聖戦士シューラー評議会」がイラク・イスラム国樹立を宣言したと報告するとともに、同国家の現状に関する「予備的分析」を行っている。それによると、「十字軍」(アメリカはじめ西側諸国を指す)とシーア派の同盟者がイラクで敗北を喫した。このため、両者は土壇場の策に出、ムジャヒディンの弱体化を図った虚偽を広めている。たとえば十字軍はは(イラク・アルカーイダの首領)アブーハムザ・アル・ムハージルAbu Hamza al-Muhajirはイラク人ではないと主張している。これは、イラク人の人民は占領を歓迎しており、反対しているのは一握りの外国人戦士にすぎないという神話を広めるためだ。十字軍はまた、ムジャヒディンに対する「心理戦争」の一環として、イラクの部族長たちがイラク首相アル・マリキal-Malikiに会ったと報道した。(そうではなく)実際に首相に会ったのは、占領者がコントロールする「傀儡」に過ぎなかった。アナウンサーはまた、アブーオサマ・アル・イラーキーAbu Osama al-'Iraqi※2 のビデオも同様に偽物だと主張した。

さらにアナウンサーによると、イラク・イスラム国が樹立されたのは、この「激しい攻撃」に対抗するためだった。また、新国家はパレスチナ解放戦争の先陣を務める。アナウンサーが最後に、アブーハムザ・アル・ムハージルはイラクの全ての聖職者と職業人に対し、イスラム国家の樹立に参加するよう呼び掛けていると表明した。

このフィルムを通じ、アナウンサーの背後のスクリーンには、イラクにおける戦闘場面が映し出されている。

以下は、このビデオのイメージである。

女性自爆犯の最後のメッセージのビデオ

2006年11月12日、イスラム主義ウエブサイトは3分間のビデオを掲載した。このビデオ

http://switch3.castup.net/cunet/gm.asp?ai=214&ar=M4-019wmv&ak=null

は、ミルファト・アミン・マスウードMirfat Amin Mas'udの最後のメッセージを特集している。彼女は、2006年11月6日、ガザ地区のイスラエル軍(IDF)検問所で自爆した。

ミルファト・アミンはこのビデオで(パレスチナの過激イスラム主義組織)「イスラム聖戦」の黒旗を前に、ライフルを持って立っている。彼女の目の前のテーブルにはコーラン、ピストル、手投げ弾と見られるものが置かれてある。背後では、遊んでいる子供たちの声がはっきりと聞こえる。

ミルファト・アミンは(このビデオで)両親に殉教の許しを求めた後、家族全員に向かってこう語る。「アッラーと預言者に(奉仕し)、故郷のために血を流したいという私の願いは、あなた方に対する愛をはるかにまさる」。また、「イラクからチェチェン、パレスチナからフィリピンに至る」全世界のムジャヒディンに「抵抗運動を堅持する」よう呼び掛ける。彼女は家族に対し、彼女が死亡したというニュースを聞いたなら菓子を配るよう求め、また、コーランとスンナを忠実に信奉する求ようめる。

このビデオは、ミルファト・アミンが片手にライフルを持ち、もう一方にコーランを持ち、カメラに向かってポーズを取る場面で終わっている。

注:

(1)GIMFはイスラム主義組織で、ジハード戦士に関わる題材をインターネットに掲載している。アルカーイダとの関係は否定している。

(2)MEMRI Special Dispatch No.1340「イスラム主義者のアブー・オサマ・アル・イラーキー師は、アルカーイダがスンニ派に対し残虐行為を行っていると非難する」(2006年10月31日)

http://www2.memri.org/bin/articles.cgi?Page=archives&Area=sd&ID=SP134006

を見よ。


 

 

すべての翻訳の著作権はメムリが所有する。
記事の引用の際は必ずメムリの名前を記載すること。

著作権に関する問い合わせはここをクリックして下さい。

ウェブサイト開発: WEBstationONE, ウェブホスティング: SecureHosts.
Copyright © 2001, 2002, 2003, 2004, 2005, 2006, 2007, 2008, 2009, 2010, 2011, 2012, 2013, 2014, 2015, 2016. All Rights Reserved.